みんなが注目した記事
山頂で二人揃ってこちらにポーズをとった写真

2021年1月10日  モッチョム岳ツアー

この日は本当は縄文杉ツアーに行く予定でした。

ですが、メインの登山道に繋がる車道は全て通行止め。

屋久島は直ぐに通行止めになるのが、残念ですが現状です。

チェーン規制とかもありません(笑)

何故なのでしょうかね?県道なのになぁ。

 

ちなみに、屋久島の積雪はかなりでトロッコ道終点(標高900m地点)で50cm積もっているとか。

そんな私たちは、屋久杉も見ることができて、登山口も絶対開いているモッチョム岳へと行く事にしました。

寒さを心配していた私たちですが、30分も歩かないうちに汗をかいてすぐに上着を脱ぐ羽目になりました(笑)

沢沿いに広がるコケの景色を撮るTMさんとそれを見守る旦那さんのTさん

 

空気は冷たいものの、風もなく太陽が顔を出していました。

そんな中、万代杉さんと直接肌を通じて対面出来たことに、お二人ともすごく喜んでいました。

樹齢3000年の万代杉前で記念撮影

 

モッチョム岳コースはとにかく足場が悪い所が多いです。

軽い気持ちで行くと返り討ちに遭いますので、登山される方は気をつけて登ってくださいね。

この日は、木々の上には前日に積もった雪がうっすらと残っていました。

崖崩れ後のロープ場に雪がうっすらと積もる場所をロープ掴みながら歩く二人の写真

 

この日は景色が隠れることは一度もないくらいの上天気。

山頂に至るロープ場を登ります。

高い所が大の苦手というご主人にとっては、地獄だったようです(笑)

山頂直下の急なロープ場を登る二人を上から撮った写真

 

山頂からは、種子島やトカラ列島まで見えて、本当に最高の景色を拝むことができました。

終始笑顔溢れるT美さんと早く下りたいTさんお二人揃っての写真です♪

山頂で二人揃ってこちらにポーズをとった写真

 

ひとり眼下に広がる美しい海と里の暮らしを見下ろすT美さんの後ろ姿。

ひとり座って景色を眺めるT美さんの後ろ姿写真

 

モッチョム岳は登りも大変ですが、下りもかなり大変です。

もはや後ろ向きに下りた方が良い場面もあります。

この日は雪解けが落ちて来て、足元が濡れている場所も多かったので、更に注意が必要でした。

急坂を下りてくる二人の写真を下から見上げて撮ったもの

 

急斜面じゃなくても、足場が悪いのは変わらずで、このような比較的平坦な場所でも足元の注意は忘れてはいけません。

足場の悪いトラバースラインを歩く二人の写真

 

この日は、NHKさんがロケをやっていて、所々でそのスタッフの方たちと出逢いました。

この光景が、いかにもT美さんが撮影を受けているようで笑えたので、撮ってみました(笑)

万代杉前でロケチームに遭遇した時の写真

 

最初の希望であった縄文杉には出逢えなかったお二人ですが、モッチョム岳が屋久島初登山の場所で良かったと仰ってくれました。

中でも、樹齢3,000才の万代杉に直接触れられたことや、ワイルド過ぎる登山道に魅了されたようです。

また屋久島には必ず来ますとのことでしたが、次に縄文杉に行くかどうかは分からなくなってしまったようです。

それくらい、屋久島らしさの残るワイルドなモッチョム岳がお二人の感性に影響を与えたということでしょうね♪

また、どこか屋久島の魅力を探しにいきましょうね♪

 

\積雪で通行止めでも行けるのが…/

 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)