みんなが注目した記事
SUPの上でくつろぐNickさんの写真を撮るEmikoさんの写真

2020年12月16日  栗生川カヤックツアー改めSUPツアー

ちょうどひと月ほど前に、ATTA(Adventure Travel Trade Associationの略)の本格的視察を済ませたばかりなのですが、その時にカバーしたくてもカバー出来なかった所をNickさんとEmikoさんに視察に来ていただきました。

アドベンチャーツーリズムってどんなのだろうと思った方は、今回のATTA視察でもメンバーとして参加してくれていた國谷(くにや)さんの記事を読んでもらったら分かりやすいと思います。

https://www.tourism.jp/tourism-database/column/2018/09/adventure-tourism-japan/

 

今年一番の寒波がやってきていて、そもそも福岡からお二人がやってこられるのかさえも心配していました。

そして、屋久島のほとんどのエリアが雨。

2日間で、黒味岳と栗生川SUPを行う予定で、どちらをどの日にやるのがより良い条件を得られるのか、ヘタしたら両方ダメになる可能性もあるし、そもそも…などと考えをあれこれ巡らせた数日間でした。

そして、初日となるこの日に栗生川の水面に浮かぶ決意をしたわけです。

そして、宮之浦も雨、安房も雨、栗生は…。

イエ〜イ♪メッチャ太陽出てるしぃ〜\(^O^)/

これが『栗生マジック』なのだ〜♪

山々が連なる様子さえ見ることができた晴れの栗生川にSUPで浮かぶ二人の写真

 

時折うっすらと曇ったりするものの、青空の下漕ぎ出した私たち。

お二人は自分たちのSUPを持込です。

見てたら私もやりたくなりました〜。

欲しいなぁ〜、SUP〜♪

SUPをするEmikoさんの写真

 

カヤックと違って、目線が高いので栗生川の透明な水をより楽しめるのが何よりも魅力ですね!

良い笑顔で漕いでます^^

SUPをするNickさんの写真

 

河口付近は風が少しあったので、上りは結構スイスイと漕ぎ上がりました。

満潮から徐々に潮が引いてくる時間帯でしたので、これ以上SUPで進むのは難しいかなぁというポイントで、自然と休憩に。

カヤックだとみんな河原に下りて、休憩〜♪となるのですが、SUPは何の前触れもなく休憩に入っているからタイミングが難しい(笑)

結局、私はカヤックから下りて岩に腰掛け、お二人はSUPの上でのんびりとくつろぎながら、お茶タイムにすることになりました。

SUPの上でくつろぐNickさんの写真を撮るEmikoさんの写真

 

景色を見ていると、まるで夏が戻って来たような色合いで、とっても気持ち良かったです。

寒いと思っていたのに、むしろ暑いと思う時間帯さえありました(笑)

お二人は視察の役割があるので、写真や動画を撮らなくてはいけないので、何度かこうやってお二人で撮影していました。

それを私は少し離れた場所からのんびりと眺めたり、撮影したりしてました。

夏のような青空をバックに撮ったSUPに乗る2人の写真

 

動画撮影中のお二人♪

SUP上からEmikoさんのSUP風景を録画するNickさんたちの写真

 

帰りの一コマですが、名残惜しそうに後ろの景色を眺めているEmikoさんを見つけたので一枚撮りました。

とっても感性豊かなEmikoさん。

Nickさんも一緒に栗生川を漕げて、それはそれは幸せだったことでしょう(*^o^*)♡

名残惜しそうに後ろを振り返りながら景色を堪能するEmikoさんの写真

 

水から上がった後は、栗生のお蕎麦屋さんである「松竹(まつたけ)」へ一緒ににランチしに行きました。

松竹は、屋久杉がふんだんに使われた室内を見るのも興味深く、縁側から明るい陽射しが入ったりと、すごくのんびりとした雰囲気を味わえるのが魅力のお食事処です。

私たちものんびりとお蕎麦+ミニ丼をおいしく完食〜♪おいしかった〜。

 

お食事後も沢登りスポットや平内海中温泉も視察に行ったりして、あっという間の1日でした。

明日はいよいよ栗生だけ登山です!

帰って、積雪を想定した準備をしないと(汗)

 

\栗生だけは晴れる!栗生マジック♪…/

 

 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)