みんなが注目した記事
三穂野杉の裏側は苔むしていて、その苔の愛らしさをマジマジとのぞき込むリピーターのOさん

2020年11月23日  屋久島とアラスカは特別な場所。そんなリピーターOさんと大和杉へ

実は、この日はスケジュール帳で「Close」にしておりました。

理由は、私が試験の為に福岡に行っておりまして、前日の22日に帰ってくる予定だったからです。

屋久島の場合、飛行機が欠航になることも珍しく無いので、いつも予備日を設けているのです。

そんな所に、Oさんからダメ元で問合せがきました。

大和杉に行きたかったのにスケジュールが「Close」になっていると…。

 

Oさんが希望している大和杉は、是非自分自身が一緒に足を運びたかった…。

そこで、ひとつ提案をさせていただきました。

それは、ご予約を受けさせてもらうけど、飛行機が欠航となった場合は許して下さいというものでした。

それを即答で、「それでも良いのでお願いします!」と言ってくれたOさん。

そんな背景があって、今回のツアーとなりました。

 

ちなみに、Oさんは屋久島と知り合って早20年。

お互いアラスカが大好きなこともあり、アラスカに行くと必ずOさんからポストカードが届くのです。

ですから、本当に人と人として繋がりを持たせて頂いているという感じなのです(*^_^*)

龍のように身をよじるヤマグルマの木を眺めるリピーターのOさん

 

Oさん、すごくこのモミの木を気に入ってました♪

このモミの門を抜けると、すぐ目の前に今度は屋久杉の巨木が現れます。

さすが、巨木だらけの大和杉コースです!

2本の巨大なモミの木で出来た門に感動してその間にはいり手を広げるリピーターのOさん

 

Oさん、写真撮られること自体はそんなに…という感じなので、撮った写真はあまり多くは無いですが、念願の大和杉さんとの対面はコッソリと撮らせていただきました(笑)

しかし、Oさんが大和杉を見つけるのが早かった!

今までたくさんの参加者の方たちを大和杉へ案内させていただきましたが、間違い無く最速だったでしょう!

かなり遠くから、「あれが大和杉ですか?」って(笑)

さすがです…。

念願の大和杉さんと対面し、その頂まで写真に収めようと写真を撮るリピーターのOさん

 

お昼を大和杉さんの前でノンビリと食べ、軽くお茶までしてくつろぎました。

帰りは、三穂野杉さんの所まで少し立ち寄りにいきました。

三穂野杉さんの裏に回った所で、Oさんが大きく伸びをしていたので、またもや1枚♪

三穂野杉の前で思わず伸び〜!をするリピーターのOさん

 

巨樹に身を寄せる小さな苔を愛でるOさんの後ろ姿。

その自然を感じる感受性というか、受容力というか、Oさんからはそういった類の力を感じます^^

三穂野杉の裏側は苔むしていて、その苔の愛らしさをマジマジとのぞき込むリピーターのOさん

 

Oさんの協力と理解を頂いてツアーを実現できて本当に良かった。

そして、Oさんにとってはじめての大和杉に、私自身が関われて本当に良かったと思ってしまいました(*^_^*)

 

\20年経ってはじめて足を運んだ/

 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)