みんなが注目した記事
ちょっと立ち止まって景色を眺める二人の写真

10月31日 縄文杉ツアー

お二人はのんびりとしていたら、どこも予約で一杯だったということでお声をかけていただきました。

実は、この日は最も問合せが多かったにもかかわらず、キャンセルと前日20:30ドタキャンが重なり、私の心は深くえぐられていました(笑)

ですが、お二人によいタイミングで声をかけていただき、結果ものすごく充実した1日をご一緒させてもらうことができました(*^_^*)

 

お二人もトロッコ道は大分眠かったようです(笑)

山道に入り、一気に元気を取り戻しました♪

私と同タイプです^^

朝も早いし、単調なトロッコ道は苦手という人は結構多いです。

それはそれで、良いですもんね。

ウィルソン株では、その大きさにマジマジと見入っていました。

巨大な切り株・ウィルソン株でハートの輪郭を仰ぎ見る二人の写真

 

朝ごはんも早かったので、お昼ご飯をちょびっとだけつまみ食いです^^

お昼は縄文杉を見てからにしようとなっていましたので、お昼をチョコッと…。

でも、一旦食べ始めると止まらなくなるので(笑)、お二人も必死にこらえたと言ってました。

ちょびっとお昼ご飯のつまみ食いをしている二人の写真

 

あたりはすっかりと秋の気配が漂っていて、巨大な屋久杉の倒木と黄葉の雰囲気がとてもうまくマッチしていました。

巨大な倒木と黄葉が混ざり合う景色を眺める二人の写真

 

トンネルのように見えるヤマグルマ。

その不思議な根の張り方に、おもわず関心してしまいます。

トンネルのような格好のヤマグルマをくぐり抜ける二人の写真

 

巨大な屋久杉に直に触れてみる…。

ヒンヤリとした感覚が伝わってきたり、人間の皮膚のようにしわが寄っていたりと、実際に触ってみて気づくことも多いです。

1000才を超す屋久杉に実際に触れてみる二人

 

念願の縄文杉とのご対面。

お二人は正面からよりも、こちらから見る縄文杉がお気に入りだったようですが、それより大王杉がもっとお気に入りだったようです^^

縄文杉の前でその圧倒的な大きさを前に語り合う二人の写真

 

帰り際の何気ない一コマです。

ちょっと立ち止まって景色を眺める二人の写真

 

帰りのトロッコ道の途中、通称「エメグリ」と呼ばれるエメラルドグリーンの色をした淵にてコーヒータイム。

なかなか余裕の生まれにくいこの縄文杉コースですが、しばし心も体も落ち着けることができるひとときを持てるのは、本当に貴重です。

それも、お二人がしっかりと歩く事ができたおかげで生まれた余裕なのです。

心からゆったりとした時間を愉しんでいるのが分かりますよね(^_-)-☆

エメラルドグリーンの淵をバックに、コーヒー片手にくつろぐ二人の写真

 

下山後は、ミッチリと整理体操をしてバスの到着を待ちました^^

お二人はこの後、湯布院の温泉へと向かうということで、後日体も癒されたというご報告をいただきました。

素敵な1日をありがとうございました!!

 

\縄文杉よりも大王杉を気に入ってしまった♡/

 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)