白熊モッチョム岳(笑)

2018年2月13日 モッチョム岳

屋久島で行われたエコツーリズム大会に参加してくれたKさん。
せっかく来たのだからモッチョム岳にどうしても登りたいという事で、一緒に登らせて頂きました。
せっかく来たからモッチョム岳という流れが面白いし、希有です(笑)
このツアーが決定するまでは、色々と難題、紆余曲折もありましたが、結局落ちつくべき所に落ちついたというか、強力な力で私たちは一緒に登る事になりましたね(笑)
おかげで最高に楽しい登山にご一緒させていただきました!!
あの素敵な縁に感謝感謝です!

この日の南部は、朝まで雨が残る天気。
雷まで鳴ってたりしたので、ちょっと厳しいかなぁと思っていたのですが、登山開始頃にはポツポツ程度に。
おかげで、標高600m付近にある森は潤って緑が綺麗でした♪

標高600m付近の沢沿いは雪がまだほとんど無く、緑の世界が広がる中を歩く参加者の姿写真

 

 

この万代杉のファンは多いですねぇ〜。
みんなを魅了する力を持っているのでしょうね。
急登につぐ急登の後に、突然過ぎるほど突然目の前にどど〜んと現れるので本当に圧倒されます!
みんなが写真で見るのとはまるで別物だ!というのも頷けます。

樹齢3000年の万代杉と参加者Kさんの記念撮影

 

 

標高800m手前で既に残雪がチラホラしだしました。
確かに途中から見た山肌では、標高700m位で木々の上に積もった雪でハッキリとしたラインで描かれていましたねぇ。
この調子だともう少し雪が出て来そうです…。

標高800付近の森は大分雪が目立ち始め、その光景を眺める参加者Kさんの写真

 

 

目の前が急に開けるので、「やった〜!山頂か〜♪」と思いきや、神山展望台と呼ばれる場所(笑)
山頂はまだ先に見えるのです!
しかも、結構離れて(笑)
そんな神山展望台で遠くモッチョム岳の存在を指し示す道標と一緒に一枚。
この後、Kさんはちび雪だるまを作って、この道標の上に雪だるまを乗せていました♪

神山展望台にあるモッチョム岳を指し示す道標を横に、ピースサインをする参加者Kさんの写真

 

 

心配してた天気もご覧の通り。
海に光の地図が描かれているようで、とっても綺麗でした〜♪
最初は風が冷たいかなぁと思っていたのですが、うっすらと陽が当たり始めちょっと寒いながらもおいしくお弁当を頂けました。
や〜っぱり、モッチョム岳最高ーーーーーーーーーーー!!
Kさんも最高の笑顔になるわけだぁ〜♫

モッチョム岳の山頂に座り満面の笑みで振り返る参加者Kさんの写真

 

 

この日も、メジャー登山道は全て積雪のために道路が通行止めで、行き先を失った人達もこのモッチョム岳に登ってきていました。
純粋なモッチョム岳狙いは私たちだけだったのではないでしょうか?(笑)
でも、色んな人達が山頂で一緒になり、色んな話で盛り上がり、一緒に写真を撮り、とても良い旅の一コマとなりました。

Kさん、またいつか遊びにおいで〜^^

 

今回の雪と絶景のツアーは…

急登・絶景に溢れるモッチョム岳ツアー

 

 

Leave a Reply

 画像も投稿出来ちゃいます♪ (JPEG のみ)