山好きな3人と1泊縄文杉ツアー(白谷雲水峡抜け)を満喫しちゃいました♪

2019年3月24〜25日の二日間で、1泊縄文杉ツアーに行って来ました。

今回の1泊縄文杉登山は、初日に荒川登山口から入って2日目に白谷雲水峡を太鼓岩経由で巡るというものです。

初日は降水確率0%予報という快晴予想。実際、朝の放射冷却はすごかった>< 春は気温差が大きいので、体も大変です。

でも、陽が昇ってくると気温もあがり、歩くにはとても気持ちのよい陽気になりました。なにより、真っ青な空が最高に気分を盛り上げてくれました。

こちらは、登山道の前半にある小杉谷集落の学校跡地に咲き始めたサクラと青空のコラボ。

青空とソメイヨシノ

 

 

ちょっぴり冷たい空気感をまとったウィルソン株とその周辺の美林。ハート型を綺麗に写真におさめた後は、3人で入口付近で写真を取りあっていた所をこちらからも写真に収めてみました。

ウィルソン株で写真を取りあっていた3人の写真

 

 

大きな屋久杉の前を歩いていく3人。多くの時間は、こうやって周りを感じたり、自分の体や心を感じたりしている時間がほとんどです♪

屋久杉の前を通り抜ける3人の写真

 

 

この旅の調整をしてくれていたIさんは以前にも縄文杉に逢っているのですが、右のTさんとYさんははじめて♪とても嬉しそうでなによりです!

Yさんだけがザックを背負っている理由ですが、背負っていると温かいし安心するとのことでした(笑)Yさん、いい味を出しています。

縄文杉の前で楽しそうに笑い合う3人の写真

 

 

山小屋泊はとても楽しかったですね^^他のグループも観察できたし(笑)シュラフペラペラ事件はきっとよい思い出に昇華することでしょう(笑)

2日目の朝を迎え、縄文杉さんと3人で記念撮影

 

 

白谷雲水峡に向かうところ。このあたりは苔が多くてとても良い所なのですが、山泊まりの時しかほとんど通りません。とてもよい雰囲気が漂う場所です。

白谷雲水峡へ向かう苔むした景色の中、足を止めて何かに魅入っている3人の写真

 

 

なんとなく雨がポツポツ来ているので、念のために雨が降ってきたら巨岩の下に隠れられるようにしておきました。しかし、何度見てもこの巨岩はスゴイ!!

こういう景色の中で食べるご飯は本当に最高ですね(^_-)-☆

巨岩の下でご飯を食べる3人の写真

 

 

太鼓岩の上に行った時は雨も降っていて、しかも真っ白でした。ですが、しばらくすると宮之浦岳まで顔を出してくれてとてもラッキーでした。

しかし、宮之浦岳が見えたこと以上に、流れゆく雲と眼下に広がる景色がとても美しくて、山に居るんだなぁという強い実感をもつことが出来ました。

雲が入って来ては流れていく景色をバックに元気そうにポーズを撮る3人の写真

 

 

苔の合間に小さな小さなキノコが生えていて、するとその近くには1才のスギがひっそりと育っていました。みんなでこぞって撮影タイム中というわけです♪

苔の合間に育つ小さなキノコと1才になる杉を見つけて写真を熱心に撮っている写真

 

 

お昼を食べたあと位から降り出した雨は、森の中をしっとりと濡らしていき、それまでとは緑の濃さが全く違ってきました。

まさしく白谷雲水峡はこうじゃないとねぇ〜!という景色に、雨が私たちと自然を導いてくれました。

屋久島らしい苔に覆われた場所「苔むす森」での3人の記念写真

 

 

 

最後は二日間の山泊まりが終わってしまうのでちょっぴり寂しそうでしたが、翌日はヤクスギランドに足を運ぶと言っていたので、きっとまた美しい森に出逢ったことでしょう♬

色んな話をできて、自然を味わいながらも3人との貴重なご縁を楽しめた二日間となりました。

 

今回3人が選んでくれたツアーは、

 

荒川から入って白谷雲水峡まで楽しむ1泊縄文杉ツアー

 

 

 


Leave a Reply

 画像も投稿出来ちゃいます♪ (JPEG のみ)