みんなが注目した記事
早朝の宮之浦岳をバックに笑顔に溢れるお二人の写真

2017年10月24-25日 1泊縦走(荒川→淀川)

来年の2月にキリマンジャロを目指すお二人。
その練習も兼ねて、屋久島での1泊縦走に参加してくれました。
台風の影響で、屋久島に来れるかどうか分からない中、無事に到着した強運の持ち主です。
いつも思うのですが、強運って持つべき人が持っていますよね^^
お二人と話している間に、あぁ〜この人達なら来れて当然だぁって思いました(笑)

本当は淀川から入って白谷に抜ける予定でしたが、初日の天気が曇り予報。
だけど、風の入り方などからあぁ〜これ初日ダメかも…って思ったので、逆ルートを提案させていただきました。
こういう風に、行きたい所(白谷雲水峡)を1つ外す提案って、あまり快く受け入れられない事が少なくないのですが、お二人はお任せしますと言って頂けたので私がベストと考える選択をさせていただきました。
縦走を通常の逆ルートでやると、通常よりも結構大変になります。
なので、初対面である事も鑑みて、提案させて貰った次第です。

さて、予想通り初日は雨。
でも、屋久杉の森は神秘的で綺麗だった〜。
雨の日は、葉がキラキラしてて何倍も森が輝くのです。

長いトロッコ道を乗り越えてやって来たウィルソン株のちょっと手前が美しかったので、お二人とその背景の写真

 

 

時折雲が薄くなり、そしてまた雨が降るの繰り返しでした。
2017年3月に出来た縄文杉の新設デッキに向かっていくお二人。
木立の中へと消えて行く姿が、何とも印象的でした。

縄文杉に2017年3月に出来た新設デッキへと向かう二人が木立で見え隠れする写真

 

 

縄文杉との対面。
縄文杉を前に語り合うお二人。 新設デッキから縄文杉を眺め、語り合う二人の後ろ姿写真

 

 

2日目は4時に起床。
私がトイレに起きた0:30頃はまだ一面ガスが立ちこめていました。
それが、4時前に起きて外を見てみると星空☆
やった〜!
予想通りだ!!
な〜んて思ったら、もう居ても立ってもいられずそそくさと出発の準備を外で始めちゃいました(笑)
お二人のしっかりとした歩みのおかげで、何とか朝陽に間に合いました!!
のんびりと変わりゆくその景色を見廻しながら、振りかえればまた違う光景になっている…。
そんな事を繰り返しながら、吐く息が白いほど冷えた朝を堪能しました。
ここで朝ごはんを食べて、2時間以上ここに居ました。
最高の時間です♪

平石岩屋にて朝日に染まる山々を望む二人の写真

 

 

宮之浦岳山頂もご覧の通り。
九州最高峰の頂は、開聞岳や大隅半島までしっかりと見える程の快晴。
逆ルートで来て良かった〜!!!
ただでさえ澄み渡った空でしたが、更に雲が無くなって行きます。

宮之浦岳山頂で、その雄大な景色の写真を撮る二人

 

 

この日は宮之浦集落の岳参りの日で、偶然に山頂で出逢う事が出来ました。
せっかくだったので、ご一緒させてもらい写真を撮らせてもらいました。
何でも過去3年は天気が良く無かったそうで、久しぶりの快晴だそうです。
私もこの日2回目となるご挨拶に^^

偶然出逢った「岳参り」の一コマで、白装束に身をまとう男達が神様に祈りを捧げている写真

 

 

気付けばもう雲は何処にもありません。
お二人もこの快晴には感謝しても仕切れなかったことでしょう。

宮之浦岳をバックに、最高に晴れ渡った秋晴れの中のツーショット写真

 

 

自然の法則というか、自然界の中での気付きは全ての事に応用出来ると私は信じています。
それが、ビジネスだろうが、人の生き方だろうが、関係ありません。
全てに応用可能だと心の奥底から思っています。
お二人もそんな事を今回の2日間で感じてくれたのではないでしょうか…。
お二人のお話で、すごくためになることが多く、自分の人生にもまた活かしていこうと思いました。
何より、この素敵な巡り合わせに感謝です。

 

そんな自然からの気付きが多く含まれるツアーがコチラ。

[button-green url="https://pockets.jp/tour/camp-juso_yodogawa_arakawa/" target="_self" position="left"]1泊縦走ツアー[/button-green]

 

 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)