みんなが注目した記事

7月30日。

友人の古賀君と一緒に沢登りに行って来ました。
古賀君は今年から独立してガイドをしているので、こちらのHPもご覧下さい^^

詳細は割愛しますがw、今回すごく思った事は、屋久島って本当に奥深いなぁってことです。
私達が日常的にガイドとして行っている場所があんなに凄いのは、私達のあまり行かない場所がこんなに凄いからあの場所達が存在しているんだなぁって深く思えました。
何か表現がイマイチだなぁww
とにかく凄いです。この屋久島。この島の素晴らしさを再度痛感しました^^
15年住んで、15年ガイドしていますが、そんな経験って屁みたいなもんですww

いやぁ、それにしても感動でした。
沢登りという行為で行きましたが、それはあくまでも単なる行為で今の私にとっては手段でしか無いですね。
奥深い場所にいくからこそ、更に自然に対しては気を付けなくてはなりません。
また来る次の人が、同じ感動を得る機会を奪わないために…。
そして、その素晴らしいとしか形容できない自然が「ただそこに在る」ことの意味を踏みにじらないために…。

さて、前書きが長くなりましたが、その時の写真です。

基本、画像の編集はしていません!!
写真ですので、あの臨場感が少ないですが、少しでも屋久島の奥深さへの感謝が伝わればと想います。

この素晴らしい自然に感謝。
この素晴らしい一日を持てた事に感謝。
一緒に行ってくれた古賀君に感謝。
常にうちらを温かく見守ってくれた太陽に感謝。
見てくれたみんなに感謝^^

いただいたコメント
  1. kaori より:

    いいなあ!屋久島の沢に行きたい!!

  2. みよ より:

    わ~すごい!
    一枚の大きな大きな岩を長い年月をかけて水か削って出来た景色でしょうか?
    川というよりは岩の上を水が滑り降りているような、そんなイメージを受けました。
    大雨が降るとこの何十倍(もっとですかね~)もの水がここを流れているところも
    想像できるような素敵な写真ですね!
    実際の感動はいかほどか。。。と羨ましいです^^

    ちびが沢登り出来るようになったら、屋久島を訪れたいです。
    自然の美しさも雄大さも不思議さも恐ろしさも伝えてやりたいですね。

  3. ケモ より:

    >>kaoriさん
    おいで♪沢登り、はまっているんでしょ?ww

    >>みよさん
    あの川で水増えたら逃げられないだろうなぁ。
    色んな所に流木挟まってたたからね。
    家族で沢に行くなら、いくつかあるよ^^
    ま、最初は子供がメインだね。
    5才なら行けるかな。
    それまで、たくさん色んな事に挑戦させてあげてね(^_-)-☆

  4. YaYo より:

    屋久島って、本当に豊かな水に育まれた島だなぁと、あらためて思います。
    ほんの一時もとどまることなくひたすら流れ落ち、
    淀みなく、澄みきって、光って。
    その懐に抱かれているという気持ちになりますね。
    微笑むお母さんが見守る中、夢中で遊ぶ子供たちに見えちゃう。
    あぁ、私もまた沢登り、やりたくなりました。

  5. ケモ より:

    >>YaYoさん
    こういうブログ記事を書いた甲斐があるなぁって思います^^
    水、全ての生命の源なんだって、最近心の奥底から思えます。
    そして、その水がまさしく「一時もとどまることなく」流れゆく幸せ。
    いずれ、私の願望としては屋久島から流れる水は山の上から海まで同じクオリティーで流れて行って欲しいなぁって思います。
    現状では、いくつかの下流域でやっぱり生活の影響がありますからね。
    コレは人のせいだけでなくて、まだ屋久島の生活スタイルが移行段階ですからやむを得ない事情もあるんです。
    ずっと水を誇りに思える島であってほしいなぁ♪

  6. スガワラ より:

    ご無沙汰です。古賀さん独立されたのですね。
    初屋久島で会田さん、古賀さんにガイドしてもらったのも何かの縁だったのではと。
    あぁ・・・また屋久島に行きたい。

  7. ケモ より:

    >>スガワラさん
    ご無沙汰です。
    不思議な縁ですよねw
    古賀君のHPも見てあげてくださいねぇ〜♪
    屋久島はいつもOPENですのでお越し下さい^^

コメントを残す

 画像も投稿出来ちゃいます♪ (JPEG のみ)

ガイドの○○の関連記事

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)