みんなが注目した記事
着生している屋久島のミヤマウズラ

ミヤマウズラ〜屋久島の山に咲くラン〜

 

和名 ヤクシマミヤマウズラ
学名 Goodyera schlechtendaliana
科名 ラン科(Orchidaceae
観測日 2020.9.26
観測標高 800m付近

 

苔むした屋久島の森。

渓流沿いのサクラツツジの木に着生していたのが、このミヤマウズラです。

15cmくらいは高さがありました。

着生している屋久島のミヤマウズラ

 

屋久島のミヤマウズラは斑入りがハッキリとしている個体が多い気がしています。

この網目模様がウズラの模様と似ているところが、名前の由来となっています。

 

ヤクシマの低地で見かけるミヤマウズラを、近年は新変種のヤクシマミヤマウズラとして分けているようです。

(訂正)どうやら、ヤクシマミヤマウズラと区別されるようになったようです。

低地の森を歩いていると会えるので、今度写真に収めて比較出来るようにしたいなぁ〜。

渓流沿いで発見したミヤマウズラ

 

ランは着生しているだけで、どこか美しさが増す気がします♡

いやぁ美しい〜♪

 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)