みんなが注目した記事
父娘2人で楽しそうにカヤックを漕ぎ進めている写真

2020年8月1日 栗生川カヤック

屋久島南部にあるサウスビレッジでスタッフとして働いているSさん。

そんなSさんのお父さんが屋久島に遊びに来ているらしく、一緒にカヤックをしたいということで、声を掛けていただきました。

こういうのって、すっごく嬉しいのですよね…。感動です。

そうそう、Sさんのお名前なのですが、アラスカにあるとある町の名前と同じで、記入して頂いた保険用紙を見た瞬間衝撃が走りました(笑)

アラスカ大好きな私にとって、それはそれは大きな衝撃でした。

数多くの方に会ってきましたが、初めてでした。

 

そんなお二人と、梅雨明け後の快晴がつづく屋久島で、栗生川のカヤックに挑戦してきました。

夏の水の綺麗さは、栗生川の右に出る川は無いのではないでしょうか?

夏は陽射しが強いので、いつもよりも1時間ほど早めにスタートして、気持ちの良い時間を有効活用しました。

大潮の干潮時間に差し掛かるので、そういう意味でも早出が有利でした。

あっというまに、休憩ポイントでの光景です(笑)

休憩ポイントに到着して、カヤックから下りた二人の写真

 

強い陽射しを受けながら漕いで来たので、川の水の気持ちよさは格別でした。

干潮時間は水の流れがハッキリするので、あっという間に流されていきます。

空を仰ぎ見て、そして目を閉じただただ水に流される幸福感。

夏を感じます。

上向きに浮かんで川を流れるSさんの写真

 

お父さんのSさんも、好奇心の塊のような素敵な方で、何でも挑戦していました。

Sさんの魂の若々しさを、本当に実感しましたね。

私もそう在り続けたいと感じさせてくれるほどでした♪

親子そろって川面に漂う二人の写真

 

帰路のカヤックは、流れに身を任せるだけ。

干潮時間なので、水面下に隠れた石には注意が必要です。

干潮時間になり、水面下の岩に座礁した瞬間のSさん

 

二人とも本当に仲良く話をされているのが印象的でした。

栗生川を貸切状態で漕いだ半日でしたが、とっても心地よい時間となりました。

父娘2人で楽しそうにカヤックを漕ぎ進めている写真

 

後日頂いたメールでは、お父様もカヤックができた事を本当に喜んでいたとのことで、私も更に嬉しくなりました。

素敵なご縁を本当にありがとうございました!

 

\世界中を旅したお父様にも喜んでもらえました!/

 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)