みんなが注目した記事
永田岳越しに見る落ち行く夕陽とそれを見つめる参加者Sさんの写真

2018年8月9-10日 1泊宮之浦岳(リピーターさん)

もう何度一緒に山に登ったでしょうか…?

10年は一緒に山に登っているのかな?

今回は、大好きな永田岳を見たいというリクエストを受けていました。

ですが、最初は他の予約が入っていて1泊ツアーはどうしても開催出来なくて、諦めてもらっていました。

が、キャンセルが出たのです!

そして、その旨を伝えるとどうしても永田岳を見たいと…(笑)

そんな訳で、1泊で宮之浦岳にノンビリといくお気に入りのツアーに出発です♪

何度足を運んでも魅入ってしまう淀川。

淀川橋の上で屈指の清流を眺めるリピーターのSさん

 

なかなかの暑さで、いよいよ森林限界にほど近い高層湿原・花之江河までやって来ました。

雲が出て黒味岳も見えたり消えたりだったのですが、グングン晴れてくるはずという読みを信じて進むのみ!

花之江河にある祠に、まずはご挨拶です。

花之江河にある祠で祈りを捧げるSさんの写真

 

この日は本当に暑くて、休憩を取る場所も日陰で出来たら水場の近くに徹底しました^^

この場所はSさんが予想以上に気に入ってくれて、私も嬉しかったなぁ〜♪

帰りに立ち寄った時は、ここで自家製ハチミツとベーグル食べて、幸せタイムが出来上がっちゃいましたよねぇ〜♫

水の流れ落ちるとても気持ちの良いスポットを満喫する参加者Sさんの後ろ姿写真

 

大好きな永田岳の向こうに沈み行く夕陽。

こんな光景を願いつつ、それがそんなに簡単で無い事を十分に知っているSさん。

それ故、感動も一入(ひとしお)なのでしょう…。

そんなSさんにレインボーアローがクッキリと届いていますね(*^o^*)♡

永田岳越しに見る落ち行く夕陽とそれを見つめる参加者Sさんの写真

 

夕陽が沈みつつあっても、まだまだ陽を受ける東側は朱く染まって綺麗です。

あちこち見て、もう大変です(笑)

そうそう、夜は満天の星空でした!!

それはそれが美しく、天の川が生き物のように時間経過と共に動いているのが分かったくらいです。

落ち行く太陽が作り出す朱色の世界に見入るSさんの宮之浦山頂写真

 

2日目

もう何度も奥岳を一緒に歩いているSさんをもってしても、こんなにクッキリと美しい朝陽を見た事が無い!

そう言わしめた朝陽と出逢えました。

確かに、もの凄いキラキラで、あんなに煌めいた朝陽は私も初めてのような気がしました。

写真ではそこまでキラキラ感が出てなかったのが残念でしたが、それでも目にはあの煌めきが焼き付いています。

大好きな永田岳に朝が来た瞬間を見られる幸せに溢れるSさんの写真

 

屋久島の影…。

いや、宮之浦岳の影か…。

何にしてもまたこの光景と出逢ってしまったSさん。

本当に恵まれているなぁ〜って思ってしまいました。

屋久島の影、いや宮之浦岳の影が海に三角に映る様を写真に収めるSさんの後ろ姿写真

 

長い事朝陽を見た後は、陽が上がって暑くなるのを恐れて、イソイソと下山。

途中のハニータイム♫は既述の通り!

お昼ご飯を清流・淀川で作っていただきました。

Sさんは気持ち良さそうに川を歩いています。

吸い込まれそうな絶景をバックに、その景色に完全に溶け込む素敵なSさんです(*^_^*)

清流・淀川に足を浸けて楽しむSさんをコッソリと撮った写真

 

気が付けばあっという間の二日間。

でも、時間では言い表せない程の濃密な体験が出来たと思います。

Sさんにとって素敵な夏休みの思い出となっていたら良いなぁ〜♪

 

HPの紹介文でも、写真でも、感想でも伝えられない感動がやはりそこには在りました…。

\リピーターのSさんをも唸らせたこのツアー/

 
 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)