みんなが注目した記事
苔に覆われた沢を渡る二人を先回りして遠くから撮った一枚

2017年7月18-19日 一泊縄文杉(荒川→白谷)ツアー

とてつもなく気持ちの良い夏日にとてつもなく清々しいI夫妻とご一緒させて頂いて、本当に大満足のツアーとなりました!
夏真っ盛りの二日間を写真多めでお楽しみください♪

 

初日はゆとりがあるので、いきなり沢で足を浸けて清流を満喫。
足も心も洗い流されていきます…。

清流の中に入って気持ち良さそうにこちらに向かってポーズを取ってくれる参加者のI夫妻

 

 

トロッコ道は少し長いけど、そのトロッコ道が終わると一気に屋久杉達が現れ始めます。
超美形の屋久杉と一緒に♪

太く、そして高くそびえ立つ超美形の屋久杉の前でポーズをとるI夫妻

 

 

この時間は日帰りの人達はあまり居ないので、ゆっくりとウィルソン株も見る事が出来ます。

ウィルソン株の中から有名なハートマークに見える株の輪郭を見上げる二人

 

 

お二人ともしっかりと歩ける方達でしたので、ゆっくりと自然を満喫しながらも縄文杉とも平和なご対面を成し遂げました!
う〜ん、神々しい。

 

 

縄文杉の前で記念写真を一枚

 

 

奥さん・Eさんのご希望でテント泊に!
夏は日が長いので、こんなに明るい時間帯に夜ご飯が食べられます。
ちなみに、19:30位までは余裕で気持ち良く明るい外に居られますよ!

奥さんのEさんのご希望でテント泊。テント前でお食事中の一枚

 

 

そんな風に静かにテント泊を過ごしていたのですが…
夜に一陣の変な風が吹いたのに気付いた私。
??変だなぁ…。
その後、一旦眠りに戻るも来ましたよ、雷神様…。
しかも、なにやら屋久島に用があるらしく、まぁ激しい激しい。
雨はもちろん、ドッカンドッカン鳴って、たまにパーン鳴って落ちます…。
は、激しい…
天気予報は二日間とも降水確率0-10%
天気図を見たときも違和感は感じませんでした。
下山してから知ったのですが、この時九州南部に突発的な雲が出来ていたみたいです。
画像で見るとまん丸の雲だったので、円柱状に空高く雲が巻き起こっていたという事でしょう。
さすがの雷なので、テントで待機してました。
樹林帯ですので、比較的安心感はありますが、それでも気持ち良いものでは無いです。

 

そんな雷が一段落ちついてから下山を始め、白谷雲水峡へと向かいました。
まだ雨が降っていたので、お気に入りの巨石下でランチにしました♪
途中、一旦また雨脚が強まったのですが、巨石君が守ってくれました。

花崗岩の巨石が点在する森では、恰好の休憩場所となるので、巨石下でランチをとる際の二人の写真

 

 

お昼を食べている時は、山並みなんて全く見えなかったのに、食事を終える頃には雨雲も遠のき奇跡の太鼓岩viewをゲット!!

太鼓岩の上で奇跡的に見る事が出来た目の前に広がる景色をバックに記念撮影

 

 

カラカラに乾いていた苔の森も一気に潤いの森へと変貌を遂げていました。

潤いを保った森を気持ち良さそうに眺めている二人の写真

 

 

苔に覆われた沢を渡る二人を先回りして遠くから撮った一枚

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)