みんなが注目した記事
EtaExpressに含まれる部品一覧画像

PRIMUS "EtaExpress"

これがこのプリムス社製のバーナー「イータエクスプレス」です。

日本未発売!

 

 

9月に北アルプスの縦走に向かうために揃えたアイテムその1♪

最近、ジェットボイルとかでも有名な熱効率の良いバーナーです。

日本で既に発売されているEtaPowerでご存じの方も多いかと。

実は、今日山で使ってみたのですが、その沸騰までの時間の早さはもはや驚愕です!!

ご飯食べながらお湯涌かすなんていうスタイルはもはや必要ありません。

時間なんて計っていませんが、これは誰もが体感出来る早さです。

おまけに熱効率が良いので、普通より倍近くガスが持ちます。

かなりEcology&Economyです!!

しばらくの間、お湯涌かすのが楽しくなりそうです(笑)

料理をしたい人は、イータパワー(EtaPower)の方が向いていますのでそちらをどうぞ。

 

 

 

EtaExpressのパッケージ内詳細画像

付属部品(バーナーヘッド<点火装置付>、風防、専用コッヘル、化繊布<ガス缶を中に入れる時の内側保護用>、保管用メッシュバッグ)

 

 

 

周りのフィンが熱伝導率を上げている立役者です♪

久しぶりに感動したアイテム紹介でした〜。

 

 

(追記:2009.3.6)

この記事がかなり色褪せず見てもらえているので、お礼の意味も含めて半年以上使用した使用感を載せてみます。

まず、その沸騰の速さはもはや疑う余地がなく、間違いなく満足のいくレベルです。

良いところは多々挙げられるので、敢えて弱点も記しておきます。

まず、風防が着いてはいるが、やはり強風には強くない。

逆に言うと、この手の商品で風防が無ければ買わない方が良いだろう。

風防無しでは本格的な山の上では力不足だ。

その点、イータエクスプレスは合格の範疇には入ると思う。

同じく日本未発売のMSRのREACTORは、風対策は完璧。デザインも逸秀。

ただ、テント内で使うとガスの匂いが気になると使用した人が教えてくれたので、泣く泣く止めた商品だ。

外だけで使う人にはリアクターの方がいいだろう。

ポットの容量も多い。私はテント内で使うことが有るので、最終的にはイータエクスプレスにしたというのが結論です。

購入時に必ず迷う2商品だが(笑)、参考にしてもらって満足のいく買い物をしてもらいたい。

どちらを買っても、感動するのは間違いなしですよ(笑)

 

(追記:2009.8.2)

EtaExpressは他のコッヘルなども一応は使える。これって相当便利。

Reactorは無理!大事な大事な要素なのでこれもイータエクスプレスの長所ですな。

 

(追記:2010.6.30)

EtaExpressは風防(180度カバーのみ)が付属しているが、やはり風に対して弱いのが最大の弱点だ。

何度も言うが、どの商品も必ず1個は大きな弱点がある(残念)。

REACTORも併せて欲しいなぁというのが今の実感(リアクターは結構高いです。15,000円程!)。

EtaExpressはテント泊などでバーナーを2個使って調理する場合などには欠かせないですね。

結局、EtaExpressをバーナーを取り囲むスタンドタイプの風防と併せて使うのがベストかな。

 

 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)