みんなが注目した記事
シャクナゲが広がる景色をバックに美味しく朝食を頂くご夫妻の写真

2017年6月2-3日 1泊宮之浦岳ツアー

例年だと、梅雨真っ盛りのこの時期。
私は晴天など微塵も期待せず、また参加されるN夫妻にも雨の準備をしっかりとお伝えさせて頂いておりました。
しか〜し、蓋を開けてみればどこまでも澄み切った青空が2日間も連続で広がるという珍事が発生(笑)
ヤクシマシャクナゲの美しさを知るのに天気は関係無かったのですが、それでも歩きやすく、そして何より大空の下のんびりと出来るというのは何よりの恩恵でした。
この2日間は非常に内容が濃く、どこまでもどこまでも濃かったので(笑)、写真にて多くを感じ取って貰えたらと思います。
NさんとMさんの仲の良い気持ち良い雰囲気と、強い陽射しを打ち消そうとするが如く頬をかすめる涼風。
そう、まるで爽やかな秋を連想させるような1日でした。

小花之江河にて高盤岳をバックに参加者お二人の記念写真

 

黒味岳を奥にし祭られている祠。
山の神様・一品宝珠大権現に感謝とお礼を述べた私たち。
奇跡のようなこの巡り合わせに、感謝の言葉しか出て来ません。

花之江河に祭られている山の神様・一品宝珠大権現の祠に深々と頭を下げるご主人のNさん

 

いよいよ主稜線が見えて来ました!
斜面にある登山道上の空間を奪い合うが如くせり出すヤクシマシャクナゲの木々。

うねうねと切り株に根を這わせて育つヤマグルマと、グイグイと登山道のスペースを利用しにせり出すヤクシマシャクナゲに囲まれた参加者二人

 

この日の晴天を象徴するような青空が広がり、これから目指す頂を眺めていました。
ここ投石平は寒いくらいの涼風が吹いていて、幸せを感じていました。

遠くに宮之浦岳の稜線が伸びていて、気持ち良さそうに何処を見る訳でもなく眺め続けるご夫妻の写真

 

夕陽がヤクシマシャクナゲを更にもう一段ほんのりと染め上げていきます。
この花園を目の前にしたら、1日の後半故の疲れも忘れてしまうものです。

登山道の両側を咲き乱れるヤクシマシャクナゲに囲まれて幸せそうに花を見渡しているご夫妻をこっそりと撮った写真

 

朝早くヤクシマシャクナゲが咲く標高まで登り詰めました。
ちょっと出遅れたかなぁと感じたのですが、上がり始める太陽に間に合わせる事が出来ました!
朝陽と朝陽に染まるヤクシマシャクナゲ、これがこの時のテーマでした。

やっと到着したポイントでヤクシマシャクナゲの群生とそこに朝陽を送り込む上がる太陽を静かに眺め続けるご夫妻の写真

 

いやぁ、言葉がありませんねぇ〜♪

今度は上の写真と同じ場所だけど、岩の上に乗って撮った上からのアングル写真

 

美しい写真、美しい光景はまだまだ在るのですが、何をもってきても完全にお伝えすることは難しいですね。
移りゆく時間とその景色、少しはお伝えすることが出来たでしょうか…?

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)