2016.10.8 &9 一泊縄文杉(予定変更)

屋久島のリピーターさんと自然のポケットのリピーターさんお二人。
本当はちょっと面白いコースを用意してたのですが、2日目の天気が結構崩れそうだったので前日の電話にて、用意していたツアーは無理そうな事をお伝えしました。
でも、お二人とも白谷雲水峡は太鼓岩に行って無かったりと、10年前にやり残した事が多いみたいで、とりあえず白谷雲水峡からの往復という内容で出発しました。

お二人の決意のせいか、太鼓岩は晴天!
最高峰・宮之浦岳こそ見えませんでしたが、それ以外はほとんど見えたと思います。
そうそう、開聞岳も見えましたからね♪
一通り見たりはしゃいだりした後は、一段下でゴロンとお昼寝。
10年来の夢が叶って良かったですね^^

 

屋久島の山々をバックに太鼓岩の上でゴロンと横になる二人の写真

 

 

この日は少し涼しくなっていて、歩いていてもとても気持ち良かったです♪
トロッコ道も、木漏れ日であふれかえり、本当に気持ち良くてあっという間でした。
1週間前とは気温が本当に大違いでした!

連休前でいつもよりは人が多かった縄文杉ルートですが、それでもウィルソン株をのんびりと見て廻る余裕はまだまだありました^^

ウィルソン株の前で、切り株のハート型をイメージして二人して手でハートマークを作っている写真

 

 

ウィルソン株の後は、キツイ坂道。
人が普段よりも多かったせいで、なかなか休ませて貰えない(笑)
頑張りました。
そして、やっとの思いで再会を果たした縄文杉。
10年前とはデッキも違い、見える角度も違う。
二人とも、ただいま〜♪という感じだったそうですよ^^

10年ぶりとなる縄文杉との再開を果たした二人の笑顔と縄文杉の写真

前日までの天気予報とは大きく変わり、夜まで本当に良い天気でした。
山小屋は20人収容の無人小屋に9人で押し入るという馴染みの光景で(T_T)、既に満員御礼でした。
テントを張り、気持ちの良い景色の下ご飯を準備。
三岳を飲みながらご飯を作り、この日の天気に感謝感謝していました。
ご飯を食べ終わる頃に、更に海外からの団体でテント場が手狭になってきたので、場所をシェアして私達は就寝。

夜中は、大雨でテントビショビショ。
場所をシェアした関係でフライシートの張りが弱く、浸透してきてシュラフもビショビショ。
シュラフカバー持ってたのに使わずorz
おまけに、派手に雷が鳴り見事近くの山に落雷。
なかなか賑やかな夜を過ごさせて頂きました(笑)

2日目も基本雨。
屋久島らしい雨までは行かずに助かりましたが、普段は涸沢の沢もご覧の通り。
参加者Nさんは橋が苦手なので、慎重に渡っています。

涸沢がしっかりとした水量の川となり、そこに架かる橋を怖々と渡るNさんと後ろのKさんの写真

 

 

色んな所で水量が多いですが、楽しめる範囲ですね^^

岩肌を流れ落ちる水しぶきもいつも以上♪。そのポイントを横断する二人の写真

 

 

晴れと雨という真反対の森を味わった二日間。
また違った雰囲気を味わってくれたようでした。
楽しい二日間をありがとうございました。
そして、kサン、久しぶりの時はしっかりと事前に言ってから来てね(笑)
Hさんにもよろしくねぇ\(^O^)/

4 Comments

  1. コツメカワウソ 2016年10月11日
    • pocketsjpblog_sv1418 2016年10月11日
  2. ナカムラスエノ 2016年10月12日
    • pocketsjpblog_sv1418 2016年10月12日

Leave a Reply

 画像も投稿出来ちゃいます♪ (JPEG のみ)