「氷壁」

北アルプスでの研修中、空いた時間を見つけて読んでいたのがこの本。

「氷壁」 井上靖 著 (新潮文庫)
「氷壁」 1

「氷壁」 2

である。昭和38年に発刊された本で、古い文学のにおい漂う本ではあるがすごくフィーリングにマッチして楽しめた。舞台が上高地周辺で、実際に自分が通った場所が舞台になっているのも親近感が沸く。私は旅先で、その地に関する本を読む傾向が多分にある。今回は、登山をしながら登山をテーマにした本を読み、登山のモチベーションも維持できた(笑)登山と文学の融合で、すごく良い一冊だった。最近、再び登山系の漫画や小説が発売されているが、それらと比較すると圧倒的に「描写」が美しく、やはりこの本は文学の一冊なんだなぁと感じた。北アルプスに行く機会のある方は、一緒に持って行くと良いですよ♪「文学」とか「情緒」という言葉が嫌いな人には向きませんので、あしからず(笑)


Leave a Reply

 画像も投稿出来ちゃいます♪ (JPEG のみ)