悪天候後だからこそ見られる景色

山小屋とそのトイレ清掃に行ってきました。
泊まるのは大好きな鹿ノ沢小屋。
初日は、残雪+冷たいけど雪になりきれない雨+雪解けビショビショ+覆い尽くされたヤクザサというまぁコンディションとしてはかなり悪い部類。もう乾いている場所なんて無いくらいに濡れました。この時期は、いっそ雪になってくれた方が何倍も快適なんですが、願いは叶わずw
それでも、警報とかが出ない限りはうちらは「予定通り行っちゃおうね〜♪」ってなりますw
もう少し雪が解けているのかと思いましたが、場所によって15-25cmくらい。それも、かき氷を真夏に食べていると、最後に汁と氷が残るでしょ?まさしくあの状態(T^T)足慣らしに先日購入した登山靴Ticamが本領発揮してくれて、もの凄い防御力で水の浸入を防いでくれたのは驚きでした。革靴はやっぱり凄いですね!GoreTexなどの布製だったらまぁ確実に私の足は半解凍の足になってたと思います。

そんな感じの中も、作業を終えて山小屋へ。
甘酒呑んで、焼酎飲んで、焼肉食べて♪
こういう作業ってなんだかんだ楽しいんですよ(*^_^*)

そして、今朝。
珍しく天気予報通り晴れました。特に、うちらが登っていた島西部は雲のかかりが遅かったため、朝はそこに流れ込む滝雲が見えました!!もう大騒ぎです。なんせ、昨日は景色なんて微塵も見えなかったですからね。やっぱり嬉しかったのですよ^^この光景も刻々と変化し、やがて霧の中へと消えて行きました…

そんな滝雲と、霧に霞む残雪の景色をお届けします。

悪天候後だからこそ見られる景色 1

悪天候後だからこそ見られる景色 2

いつも思うのは、悪い天気の後にだけ見られる景色ってのがあるんですよ。
こういう景色に出逢うと、やっぱり来てみて良かったねぇ〜ってなるんです。
当たり前の晴れの景色を卒業して、無理の無い範囲での登山をしてみたら想像以上の景色に皆さんも出逢える機会が増えると思いますよ^^

あ、最後に動画も♪




Leave a Reply

 画像も投稿出来ちゃいます♪ (JPEG のみ)