みんなが注目した記事

あれは、もう何ヶ月前だろうか…。
アボカドを食べたあと、台所に転がる種を発見。
そう言えば、これって植えると生えてくるっていうよなぁ。
じゃ、植えてみますか!!
って事で、植えてみたらこんなんなっていました♪

ただ、外の畑の隅に埋めただけなのですが、立派に成長を始めました。目指せ、国産アボカド!
問題は、アボカドがクスノキ科の「高木」なこと…。
万が一成長しても、自らの手で切らなくてはなりませんな。無念…。
とりあえず頑張れアボカド!

いただいたコメント
  1. あかねずみ より:

    うわっ・・・
    ばっくり割れて芽を出すんですねぇ。
    実家の大王様もよく食べていて、「これ植えたら、芽が出るもんだべか?」と、つぶやいてました。
    実がなるまで何年かかり、どれくらい大きくなるのでしょうね。サクランボなんかは、鉢植えのでちゃんと実がなるのがありますけれど。

  2. ケモ より:

    あかねずみさん、いやぁレスが遅れました・・・。
    読んではいたのですが、質問に答えるべくリサーチが出来ず・・・。
    さて、結実までにかかる年数はどうやら育てる場所によって大きく変化がありそうです。
    一般的には結実までは10年ほどらしいです。
    しかし、沖縄などでは3年で結実しています(笑)
    もともと亜熱帯植物なのでこの差はあたりまえかもしれませんね。
    問題は、一本の木ではまず実がならないことです。
    なんと、2品種無いと結実しないらしいのです。
    理由は、雄花と雌花の開花時間がずれるためらしい。
    一本を植えた私の夢は・・・。だれか近所でアボカド育ててないかなぁ(笑)

  3. あかねずみ より:

    2品種ないと結実しない・・・サクランボと同じですね。
    これからもう一個植えましょう。

    家の中で育てるには大きくなりすぎるようだから、こちらでは無理なようです。外では・・・東北ではたぶんだめでしょうね。

    ところて、私のカプリオ君は、レンズ・カバーが閉まらなくなったばかりか、ズームがおかしくなりました。
    途中まではいいのですが、もうちょっと、と思うと急に「これ以上はだめなんだよーん」と勝手に戻ってしまいます。
    ズームを使わなければ撮影できますが、レンズが汚れたり、傷ついたりする可能性がある。
    最近は27〜500mmなんて、一台で欲張れるカメラも出ていて、どうしようかとつい考えてしまいますが、同じメーカーでも、二個ずつ持っているバッテリーが使えなくなるのが、もったいないんですよね。
    悩ましい。

  4. ケモ より:

    そうそう、サクランボもそうですね♪
    こうやって見てみると意外と多いのかなぁ、二品種が必要な種類って。ふむぅ〜。

    カプリオ君、大分お疲れのようですね。
    アカネズミさんの場合、風景と鳥という何とも両極端なスケールのターゲットを追わなくていけないから、幅が要りますよね。
    バッテリーはもったいないけど、この際・・・。
    バッテリーはオークションに出すか、もしくはどなかにあげるとか。
    カプリオ君が動いている間に決めないとですな。

コメントを残す

 画像も投稿出来ちゃいます♪ (JPEG のみ)

屋久島の生活の関連記事

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)