みんなが注目した記事
ウィルソン株を見上げながら周りのスケール感を感じている二人の写真

 

2021年5月31日 縄文杉ツアー

最初はモッチョム岳に行く予定だったのですが、天気も良いしやはり縄文杉に行ってみたい!とのことでしたので、OKで〜すと縄文杉にご挨拶に行って来ました。

例年よりも2週間ほど梅雨入りの早かった今年。

しかも梅雨入りから全力投球みたいな感じで雨が降っていたので、天気自体は諦めていました。

が、ナント前線が南下して高気圧に覆われ、最高の晴れが訪れました!

しかも、湿度が無くて本当に爽やかな一日となりました。

小杉谷橋の上で、河原に並ぶ巨岩を眺める二人の写真

 

森の中に差し込む陽射しが本当に綺麗で、長いトロッコ道が終わった後の山歩きはワクワクがいっぱい!

2本の巨木に挟まれて…

 

空気が澄んでいる上に、夏至が近くなってきているせいもありウィルソン株の中にももの凄い量の光が降り注いでいました。

ウィルソン株を見上げながら周りのスケール感を感じている二人の写真

 

ただ見ているだけであった屋久杉たちでしたが、やっと直接触れ合える時が来ました!

やはり、直接触れるって違いますよねぇ〜。

最近、バーチャルなことが増えたせいで、こういう実感が伴う体験がより一層活き活きと感じられるようになった気がしています。

以前は、触れるということ自体が当たり前でしたからね。

はじめて直接手に触れる屋久杉

 

縄文杉の前で写真を撮った後、こちらに近づいてくるYさんを撮った写真。

あまりにもなんか自然体だし、格好良いし、縄文杉も後ろでそびえ立っているしで、思わず掲載させてもらいました(笑)

個人的にはかなりのお気に入りの一枚♪

縄文杉の前で写真を撮った後歩み寄ってくるYさんを撮った写真

 

この日は本当に陽射しが降り注いでいて、自身で影を作っている縄文杉が黒く浮かび上がっていました。

この後、高塚小屋付近まで行って、誰もいない静かな場所で、爽やかな風が通り抜けていくのを感じながらランチをしました。

最高でしたねぇ〜!

最も縄文杉の太さが分かるアングルから写真を撮る二人の後ろ姿

 

帰りには、河原に下りて自由気ままに遊んだり、水に足を浸けてリフレッシュしたり、お茶したりして結構長いことここでのんびりしてました。

癒やされました〜♪

巨岩に登って喜びを表す二人の写真

 

 

まるでこの日の風のような自由で爽やかなお二人。

たまたま晴れましたが、お二人でしたら雨でも何でも自然を楽しんだことだと思います。

そんな素敵なKさん、Yさんと1日を最後の最後まで楽しみ尽くせて本当に幸せでした!

最終バスもかなりジャストでしたものね(笑)

 

 

みんなの「いいね!」がカブオの成長に貢献するよ!

最新情報をお届けします

情報の多様性は1番多いよ♪

オススメだよ (*˘︶˘*)