1泊宮之浦岳

九州最高峰で最高の物語を目の当たりにしよう
自然のポケット > ツアー > 1泊宮之浦岳

最も壮大なドラマが生まれているツアー

リピーターさんをはじめ最も参加者を虜にしているツアー。
日帰りできる宮之浦岳を敢えて1泊する意味が分かる方のみ味わってください。

帰りでも行くことの出来る宮之浦岳。そこを何故1泊で行く意味があるのか?そこには時間帯のマジックがあり、日帰りでは実現不可能な事が沢山あるのです。天気次第なのは事実ですが、満点の星空、沈む夕陽、そして漆黒の夜空に朝陽が彩りを加える瞬間…。言葉の要らない世界が皆さんを包みます。360度の大パノラマ、海に浮かび上がる屋久島のまさに最高地点に居る事を実感することでしょう。

くを語れないツアーですが、分かる人にだけ届けば良いツアーと位置付けておりますので、興味がある人は想像力を膨らませてみてください。ちなみに、2日目には黒味岳に立ち寄る事も可能です。天気に合わせて色んな調整が必要となりますが、上手く自然と調和させて楽しんでいくのもまたこのツアーの醍醐味かもしれません。山で過ごす圧倒的な空気感を味わいたい方、山泊にも挑戦してみたい方には最適です。

1泊宮之浦岳(淀川往復)のデータ

定員:1〜4名(グループ応相談)

開催期間:3/1〜12/15

体力指数:★★★★★★★★☆☆

料金:35,000円/人

1泊縦走(淀川-荒川)コースのデータグラフ(距離・高低差・時間)
料金に含まれる? ✓/ X
食事 (Day1: 昼/夜)
食事 (Day2: 朝/昼)
ツアー写真プレゼント
傷害保険/消費税
送迎(小瀬田〜栗生)
山岳部環境保全協力金

1泊宮之浦岳(淀川往復)をめぐる一日の流れ

1日目

   7:00    尾之間迎え。(7:30安房、7:15小瀬田)送迎対象エリア外の方は、屋久杉自然館駐車場(安房)にて集合となります。

   9:00    登山開始

     〜      天候により全て流動的

  16:30   登山終了(泊)

  20:00   就寝

2日目

   3:30    起床(朝陽見るため早起き)

   4:00    登山開始

     〜      天候により全て流動的

     〜      黒味岳にも立ち寄り

  16:00   登山終了

  17:30   尾之間到着。(17:00安房、17:15小瀬田)

1泊宮之浦岳(淀川往復)に必要な「持ち物と服装」

1泊宮之浦岳ツアーの体験レポートを書いて頂いた中山さんご夫妻が、ヤクシマシャクナゲの群生前で撮った記念の一枚
体験レポート
自然のポケットキャラクター・カブオのFAQ用イラスト

お問合せの前に、よくあるご質問をご確認ください。

FAQ

お問合せはこちら

メールをご利用の方

48時間以内に返信致しますので、それ以上経っても返信が無い場合は何らかの問題が起きている可能性が考えられますので、他のアドレス又は電話にてお問合せください。

電話をご利用の方

受付時間は、9:00 – 19:00です。ツアーにて不在にしている事も多いので、お急ぎでない場合はメールにてお問い合わせ頂きますようお願いします。