FAQ

疑問は何ですか?お答えします!

皆さんの疑問にお答えします!

一人の質問はみんなの疑問です。
よくあるお問い合わせをまとめてみましたので、是非お問い合わせ前にご一読ください。

服装/持ち物に関するご質問

この時期、どんな服装をして屋久島を訪れた良いですか?

参加者のツアー参加時の模様を載せたブログ「参加者の素顔」のイメージ写真各ツアー紹介のページにイラストにて掲載してあります。
また、当方のブログに参加者のツアー時の様子を記録した「参加者の素顔」があります。
こちらでは、各ツアーを行った日にブログ記事をアップしてあるので、ご自身が屋久島を訪れる日程近くのブログ記事を参考にしてみるてください。
他の参加者の服装からヒントを貰えると思いますので、併せてご確認頂けたらと思います。

ツアーに持って行くべきものはどんなものがありますか?

登山にどんなものを持って行ったらいいかを紹介する持ち物リストのイラスト画像とそのPDF版を合わせた写真持ち物リストを各ツアー毎にご用意しております。
サイト上ではイラストで楽しめるように、準備する段階ではチェックリストになっていた方が便利だと考え、より詳細の説明も加えた上でPDFとしてダウンロード出来るようにしてあります。
持ち物リストのイラスト直下にダウンロードリンクを設置してありますので、ツアーに参加なさらない方も是非参考にして準備して頂けたらと思います。
ドンドン活用して、当日忘れ物などの無い楽しい登山をしてください。

レインウェアはどんなものが良いでしょうか?100均のもので大丈夫?

100均のカッパの画像に大きくX印を点けて、それでは役に立たない事を明示し画像ずばり、ダメです!
最低限、GoreTexに準じるカッパを用意しましょう。
100均などの薄っぺらいやつは、途中でみすぼらしい程に破れます。
そして、そのゴミを山に落としながら歩く事になるので、自然環境に配慮頂ける方は登山用の用途でこのタイプの雨具を使うのは控えましょう。
ただし、防湿透過性をもったレインウエアは値が張りますので、そういう場合はレンタルをオススメします。
山岳太郎ショップ(in 安房)
● ナカガワスポーツ(in 宮之浦)

靴は運動靴で大丈夫ですか?

運動靴の写真(運動靴で大丈夫ですか?という問いに対するFAQで使用する画像)運動靴でも不可能ではありません。
しかし、グリップ力の劣るゴム質や足首サポートが無い点などを考慮すると、軽登山靴の方が良いのは間違いありません。
実際に参加されたお客様もよく口々に言っております。
購入しなくても、屋久島にはレンタルショップがあるので、そちらを利用するのも良いです。
山岳太郎ショップ(in 安房)
● ナカガワスポーツ(in 宮之浦)

ちなみに、新品を購入した場合、しっかりと5日間(8時間/日と計算)以上は履き馴らしておいて下さい。
これを怠ると、せっかく購入した新品なのに、痛くて歩けないという事態にもなりかねませんので。

子供にも登山靴を用意しなくてはいけませんか?

子供用の登山靴は必要か?というFAQで使用した靴の写真子供は成長が早いので、わざわざ登山靴を購入して頂く必要は無いと思います。
しっかりと靴裏の溝が残っている履き慣れた運動靴で十分です。
関連してストック(登山用の杖みたいなもの)もまた不要です。
子供の能力を下げるだけです。
子供の適応能力を最大限に引き出してあげましょう。
もし何かを準備してあげたいのでしたら、レインウェアを用意してあげてはどうでしょうか?
Mont-bellはお子さん用のサイズも揃えていて、皆さん重宝しているようです。

水は途中で汲めると聞いたので、持って行く必要は無いですか?

500mlのペットボトル写真(山で必要な飲み物としてのイメージ写真)最低、中身の入った500mlのペットボトル(代替も可)をご持参ください。
雨がたくさん降っている時は、沢水も濁る時がありますので、飲み水が汲めないという事態も考えられます。
また、夏場はスポーツドリンク(経口補水液は理想的)も1本併せてご用意ください。
水だけでは補えないものがありますので、こういった飲み物も必要になってきます。
冬場は、温かい飲み物を保温ボトルに入れて持ってくると、積極的に水分を摂る気になります。
ペットボトルは、外気温でキンキンに冷やされて、飲む気が失せるものです。

折りたたみ傘って必要ですか?

折りたたみ傘の写真(登山ではあると便利なアイテムとしての紹介:FAQ)休憩時や昼食時に使う事も多いので、あると大変便利です。
また、縄文杉ツアーでは長いトロッコ道でレインウェアの防水性を温存するために、積極的に使ったりもします。

ザックカバーって必要ですか?

ザックカバーの必要性を説明するためのザックカバー写真(FAQ用)最近は、デイパックを中心にザックの一部として既にセットになっている事が増えましたね。
ザックカバーは、大きなザックですと有効性はやや高いのですが、デイパック(雨蓋が無いタイプ)だとザックカバーの引っかかりが弱いためあまり効果的とは言えません。
ザックカバーの有無にかかわらず、ザックの中身を大きなビニール袋の中に入れておくことで中身は完全に防水できます。
小まめに使うものは、ジップロックに入れて取り出しやすい場所に入れておくと、あとで荷物の中身をひっくり返すように出してモノを探すなんて事にならなくてすみますよ。

ヘッドランプって日帰り登山でも必要ですか?

登山に必要なアイテムとしてのヘッドランプ紹介(FAQ用)はい、日帰り登山でも持っているべきです。
使う/使わないは実は関係無く、不測の事態が起きて暗くなってしまった時に、ヘッドランプが無くては全くと言っていいほど何も出来なくなります。
ですから、本来は必須の装備だと考えて下さい。
山で実際に使わなかった時なども、日常生活では災害用の備えとして役立ちます。
充電式の電池を使えば、環境にも優しいですし、常にヘッドランプの電池が満充電にしておけるので、本当の意味での備えになります。
余談ですが、テレビのリモコンなどと同じ規格の電池がほとんどですので、この際充電式電池に切り替えてしまうと便利ですよ。

ツアーに関するご質問

なんで送迎エリアが限られるのですか?

送迎のイメージ写真なのだが、カナダからの友人が来た時に助手席から運転中の会田を撮ってくれた時の写真(2006年当時)この写真みたいに、笑顔でブ〜ンと迎えに来てくれれば良いじゃ無いですかぁ〜って思う方も多いのは承知しております。
1周道路は約100kmですので、地理的な遠さも理由のひとつではあります。
しかし、一番の理由は、この島にはレンタカーやタクシーなどのサービスで暮らしている人も居るということです。
自然のポケットでは、過度なサービスで他の産業を圧迫するような事はしたくないと考えています。
結果、私の方でもお受け出来るお客様をお断りする事は少なからずあります。
でも、これは長期的なビジョンに立って決めた、自然のポケットのポリシーにも準じる事ですので、どうか少しでもご理解頂けたら嬉しいかぎりです。
最後に、この運転中の写真は2006年にカナダから来た友人が撮ってくれたものですので、会田はもう10年分ちょいの年月を重ねている事を付け加えさせていただきます(笑)

お支払いはいつしたらよろしいでしょうか?

ツアー代のお支払い風景時写真原則として、ツアー後に現金にてお支払い頂いております。
もし旅行中に現金をたくさん持ち歩きたくない場合などは、振込先をお伝えしますのでご連絡ください。
連絡先一覧はこちらです。

キャンセル料について教えて下さい。

FAQにてキャンセル料を説明する際に使う荒れた海の写真キャンセル料は以下の通りになります。
尚、天候や交通手段の欠航に帰因するキャンセルに関しては、キャンセル料はかかりませんのでご安心下さい。
1週間前まで:0%
6〜4日前まで:30%
3〜前日まで:50%
当日:100%
これは、他のお客様をお断りしてその枠を空けている事をご理解頂ければと思います。
ご予約の際に、十分とご検討頂いてお申し込みくださいませ。
幸い、キャンセル事例は天候によるものがほとんどです。
ありがとうございます。

1便の飛行機(船)で到着するのですが、それから白谷雲水峡ツアーに参加出来ますか?

JALQ400に乗って屋久島に到着し、そこから白谷雲水峡のツアーに参加出来るという事を表すためのJAL_Q400写真はい、飛行機便でも船便でも可能です。
白谷雲水峡(太鼓岩含む)だけでなく、カヤックや沢登りツアーも午後からの半日で開催可能ですので、到着日を無駄にしたくない方にはピッタリです。
同じ事が島を離れる最終日にも言えますので、最終日もフルで屋久島を味わって行ってください!
カヤックや沢登りですと、艇や装備の関係で空港や港まではお送り出来ませんが、白谷雲水峡などでしたら空港や港まで送迎が可能です。

5名以上のグループには対応していないのですか?

5名以上のグループ参加の時の写真で、グループ対応可という説明をする時に使用している写真(FAQ)対応しております。
ただし、あくまでも1グループで5名以上の場合のみであって、カップリング(2名の既存予約に加えてもう3名の新規予約とか)による5名以上での対応はしておりません。
基本は少人数でのツアーとなります。
また、5名以上の場合は、現地集合となりますので移動手段はご用意くださるようお願いします。

何故色んな所で協力金を求められるのですか?

山岳部環境保全協力金と森林環境整備推進協力金について説明するために前者を納めるともらえるバッジの画像山岳部環境保全協力金(日帰り1,000円 / 山泊2,000円)と森林環境整備推進協力金(要はヤクスギランドと白谷雲水峡の入山協力金の事:共に500円)の2種類が存在する事に原因があります。
本来、山岳部環境保全協力金に一本化されるべき協力金体系が、日本の縦割り行政のため(利権)に一本化出来ないという背景があります。
しかし、森林管理署に委託しているのは屋久島町。
自然を守って残す、そのために協力を来島者の皆様に仰いでいるにもかかわらず、このありさまです。
また、このやり方には大きな欠点があって、それは協力金の徴収にかなりの人件費が必要になることです。
長年屋久島のガイドが要請している入島税でシンプルに徴収させて頂く方法は、無理の一点張りで受け入れられておりません。
屋久島がしっかりと自然を守り、島の自然を大事に思う皆さんを丁寧に導いているかを、どうか厳しい目で見守っていて下さい。
残念ながら、自然を守るのにも政治が関わります。
皆さんがしっかりと監視し、意見を述べてくれる事こそが、未来にこの自然を残していくことに繋がると心から思っています。
(参考資料)
山岳部環境保全協力金 (2017年3月1日開始)

入山協力金(白谷雲水峡 & ヤクスギランド)