ガイドについて

人となり、そして資質を診る
自然のポケット > ガイド > ガイドについて

プロフィール

会田 淳一(あいだ じゅんいち)

1973年、埼玉県生まれ

大学で英語を勉強した後、カナダへパークレンジャー目指して留学

1998年、屋久島へ移住

(屋久島に来る前)

さかった頃、祖父母が農業をしていたため毎日畑で遊んでました。じいちゃんばあちゃんのお手伝いをしたり、虫を捕まえたり、無意識に四季や時間の移ろいに敏感になっていきました。中でも大好きだったのが、竹カゴを背負い、長靴を履き、火バサミを持って行く栗拾いでした!このような農業を通しての経験が、私の自然観の原点だと思います。

学で英語を勉強した後、カナダに留学をしました。当時は移住も含めてパークレンジャーを目指していたので、そのための専門コースを専攻しました。2年間みっちりとやりきり、無事に卒業!そして完全に燃え尽きたのと、日本についていかに自分が何も知らないかを思い知らされ、帰国して日本を再度勉強しようと決意。

(屋久島での生活)

久島に来てから4年間は某エコツアー会社の社員としてお世話になりました。カナダで学んだ事に、屋久島の知識と経験を重ねていった期間でした。2002年に独立して開業し、2011年には法人化もしました。兼ねてから日本の自然を海外の人に是非知って貰いたいと思っていたので、外国人を案内する国家資格があると知り、資格取得に向けて猛勉強を始めました。その頃、長男が生まれたばかりで、色んな事がめまぐるしく過ぎて行き、2008年にやっと通訳案内士の資格を取得出来ました。

(現在)

族4人で暮らしております。子供達がのびのびと遊べる自然と、雄大な自然が同居している屋久島。その恩恵を存分に受けさせて貰っています。海に山に川に。
自分1人で、仲間や家族と一緒に。この島で暮らせる幸せをじんわりと感じている日々です。

ガイド・会田が木にぶら下がるように体重をあずけて伸びをしている所を、参加者に撮られて笑ってる写真

保有資格

資格だけでガイドの資質は計れませんが、最低限の保障にはなると思います。

登山ガイド (Stage 1)

テクニカルロープレスキューテクニシャン

上級救命講習

Forest Recreation Technician

Wilderness Advanced First Aid

赤十字救急法救急員

通訳案内士(英語)

スィフトウォーターレスキューテクニシャン(Level1)

ガイド分析結果

どんな傾向があるのか、スカウターで覗いてみましょう!

戦闘能力_山 0
戦闘能力_川 0
戦闘能力_海 0
92

まったり好き度

95

ワクワク好き度

「屋久島以外でのフィールド経験はありますか?」を表現する為の画像(北穂を眺める会田)
ガイドの選び方
自然のポケットキャラクター・カブオのFAQ用イラスト

お問合せの前に、よくあるご質問をご確認ください。

FAQ

お問合せはこちら

メールをご利用の方

48時間以内に返信致しますので、それ以上経っても返信が無い場合は何らかの問題が起きている可能性が考えられますので、他のアドレス又は電話にてお問合せください。

電話をご利用の方

受付時間は、9:00 – 19:00です。ツアーにて不在にしている事も多いので、お急ぎでない場合はメールにてお問い合わせ頂きますようお願いします。