前線通過前に何とか縄文杉と対面!

2018年6月5日 縄文杉ツアー

屋久島で家族ぐるみで仲良くさせてもらっているKファミリー。
その奥さんの妹さんが屋久島に来るという事で、ご紹介頂きました。
以前は、お姉さんとも一緒に行ったので、姉妹1人ずつ一緒に山に行かせて貰って嬉しい限りです(笑)

昼前から梅雨前線北上→屋久島ヒットという予報でしたが、朝は雨さえ降らずにスタート出来ました。
そして、時間経過してもまだ降らず。
青空があったという証拠を残そうと言って、撮った写真がこちら。
河原のサツキも映えますねぇ〜♪
屋久島最長河川に小杉谷橋の上で、青空があったことを証明するために撮った二人の写真

 

 

霧雨が舞うものの、本格的な雨にはならず。
たまに、ちょっと強めの風が森をくすぐり、そうすると雨がポタポタと落ちてきます。
私たちもその時は濡れるのですが、歩いていると体温でまた乾いてしまいます。
森は少しずつ濡れていく一方なので、緑がどんどん濃くなってきて、美しさ倍増です!

雨に濡れた巨木の倒木と苔を横にしながら撮った写真

 

 

ヤマグルマの天然トンネルを抜け出てきた所を撮影。
お二人のとも良い笑顔ですね(^_-)-☆

ヤマグルマという木がトンネルを作っていて、そこを楽しそうに通り抜けてくる二人の写真

 

 

この日も高校生が修学旅行で来ていたのですが、またもや何とか逃げ切りました(笑)
おかげで、じっくりと縄文杉と対面でき、その大きさと神秘性を存分に味わう事が出来ました。
それにしても、Kさん。
縄文杉よりも体の大きさで目立ってはダメです(笑)

念願の縄文杉前で記念撮影

 

 

帰りはお昼を食べ終わって位から、いよいよ雨が降り出しました。
ウイルソン株の手前では、かなり暗くなり雷も…。
ついに来ましたか…。
一瞬にして、あちこちに小さな川や水たまりが出来てきました。
が、ものの2時間程でまた明るい雨になり…。
私としてはお二人に是非屋久島の強烈な雨を味わって貰いたくて、「降らないですねぇ〜」「もの足りないですねぇ〜」とトロッコ道の終点にほど近い東屋でお茶しながら言っていたら、「私たちはもう十分味わったので結構です」というお返事を頂きました(笑)
この日あうガイドさん同士の会話はもれなく、「今日は奇跡的な天気でもったよねぇ〜」でした。
ホント、私もそう思います。

最後は本当にギリギリまでお茶して、そこからバスに間に合うようにスタスタと歩いて帰りました。
安房に下りたら、更に雨が強くなり…。
今日一日満喫出来て本当にラッキーでした(*^_^*)

前線通過でもめげずに行くとお二人が決めたツアーがこちら。

 

縄文杉ツアー

 

 

Leave a Reply

 画像も投稿出来ちゃいます♪ (JPEG のみ)