こんな風に森を歩きたいという想い 2016.12.3

ワクワクした想いをしっかりと申込みフォームの備考欄に記してくれたHさん。
どんな旅がしたいのか、どんな状態で今回の旅にのぞむのかが分かるので、凄くツアーのイメージがしやすかったです。
その人にあった時間や空間をより適切に提供出来る気がしています。
極めつけはこのひと言。

会田さんという存在を通して見えてくる屋久島の自然と出会えることを楽しみにしています

はい、全力で頑張ります(笑)
そんなやりとりもあってか、当日を楽しみにしていました。

この日は天気も快晴で、道路にヤクザルやヤクシカが大集結(笑)
行く先々で動物たちのお出迎えです。
とは言っても、むこうはこちらをただの生き物としてしか見て無いので、基本ある程度観察したらあとは無関心モード突入です(笑)
でも、それがまたホッコリするんですよねぇ♪
私達も行く先々で、のんびりとしていました。

西部林道に広がる照葉樹林の中は、太いツル植物の宝庫で、ブランコのように腰掛ける参加者のの写真

 

 

森に一歩足を踏み入れれば、シカによって食べられスッキリとした林床が広がり、所々にそのヤクシカが好まない植物が群落を作ったりしています。
こちらは、クワズイモという有毒の植物です。
観葉植物としては、人気の高い植物ですが完全放置でこのサイズ。
流石です(笑)

西部林道内にあるクワズイモ群落に埋もれている参加者の写真

 

 

この日のHさんは、体調が優れなかったみたいで、ちょっと大変だったようです。
お昼の食べ具合を見て、何となくそれを感じていましたが、後でそうだった旨を聞きました。
ただ、食後の必殺お昼寝タイムで少し快方に向かったそうです。

海岸線に転がる巨石の上で太陽の陽射しを感じてお昼寝中の参加者

 

 

直前までお仕事が忙しかったみたいで、きっと体がニュートラルに必死に戻ろうとしてたんだと思います。
自然の中に身を委ねると、こういう事がよく起こります。

のんびりと一日歩き、逢ったのはヤクザルとヤクシカのみ(笑)
なんとも気持ちの良い一日でした。
最高の西部林道日和に感謝感謝(*^o^*)♡

2 Comments

  1. Hです。 2016年12月9日
    • pocketsjpblog_sv1418 2016年12月10日